月別アーカイブ

2017年09月アーカイブ

東北中央自動車道にしごうトンネル貫通式

image_01.jpgワイン樽神輿を担ぐ社員と作業員の方々

9月15日、東北中央自動車道※のにしごうトンネル工事(南陽高畠IC~上山IC(仮称)間)にて発注者である東日本高速道路東北支社 坂巻広治山形工事事務所長、および近埜伸二 上山市建設課長、坪倉盛夫 中山地区会長、加藤統太 西郷地区建設促進対策協議会長ほか約100名の方々を招待し、貫通式を執り行いました。

施工場所Google Map https://goo.gl/maps/h5nUvrAeWTn

image_02.jpg貫通点にて通り初めの儀

式典では、蒸気圧破砕薬による模擬貫通発破を行いました。暗幕手前に発破スイッチが設置されており、関係者代表5名が同時に点火すると、祝砲のごとく発破音が坑内に響き渡りました。貫通点の確認後、貫通点清めの儀(塩、米、酒を撒き、清める)と通り初めの儀(関係者が貫通点を通り握手を交わす)が行われ、貫通したことを祝福するとともにしゅん工に向けて、安全に工事が進められるように祈願しました。またこの日のために新調した法被を着た社員が、地元の「蔵王スターワイン」の樽神輿を担いで貫通点を周り、シャンパンセレモニーにて貫通を盛大にお祝いしました。

蔵王山の麓にあるにしごうトンネルは、2015年9月に掘削を開始。その後、降雪による工事の錯綜を避けるため、約5ヶ月間トンネル掘削を一時中止するなど工程調整に非常に苦労しましたが、2016年4月より掘削を再開し、今回の貫通となりました。

※東北中央自動車道: 福島市と秋田県横手市を米沢市?山形市?新庄市を経由して結び、常磐自動車道、東北縦貫自動車道、山形自動車道、秋田自動車道と接続することから、内陸部の移動時間短縮や地域間の交流、災害などの緊急時における東北自動車道の迂回路といった目的のもと、整備がすすめられています。にしごうトンネルを含む南陽高畠IC~上山IC(仮称)間は2018年度開通を目指し工事を進めています。

てっくん、夏祭りに参加

demise.JPG出店の方に声をかける"てっくん"

 8月27日、静岡県静岡市で中部横断自動車道を施工中の新清水PC作業所(所長:梶原勇二)は、地元の特別養護老人ホーム「こもれび」さん主催の夏祭りに参加しました。同老人ホームは、施工中の新清水ジャンクションPC橋現場のすぐ横にあり、日ごろからご理解とご協力をいただいています。この夏祭りは、毎年恒例の地元行事で、ホーム入居者をはじめ親族や地元の方々が参加され、多くの人たちでにぎわっています。

 当日は当社社員"てっくん"が参上。夏祭りに参加していた方々と写真撮影や握手をしてもらい、てっくんも大興奮でした。

kinen.JPG子どもたちと"てっくん"の記念撮影

zenkei.JPG

夏祭り全景(写真上:当社施工中のPC橋梁)

ホテルの建設現場に地元子ども会を招待

shijou.JPGクレーンの座席を体験

8月24日、大阪府高石市にてホテル[(仮称)ルートイン羽衣]を建設中の羽衣作業所(所長:谷口治康)にて、地元の羽衣子ども会を現場に招待しました。工事や現場の様子を地元の方々に知っていただくことを目的に、子どもたちをはじめ子供会の役員、保護者、自治会長の約30名の方々を招待しました。

子どもたちは建築中の建物に入り、13階の高さから窓のない景色を見たり、25tクレーンの試乗体験をしたりなど、終始楽しそうにしていました。質問コーナーでは、積極的な質問があり、なかなか見ることのできない工事現場にとても興味を示していました。また保護者の方々からも貴重な体験ができ、とても良かったですとお言葉をいただき、見学会を好評のうちに終えることができました。

uekara.JPG立ち上がった建物内から高さを確認しています

shugou.JPGクレーンの前で記念撮影

けんせつ小町活躍現場見学会 in 新橋駅作業所

shuugou.JPG駅長さんと当社社員"てっくん"と一緒に記念撮影

8月24日、当社が2010年より11年をかけて改良を行っている新橋駅作業所(土木:長橋潤所長、建築:飯塚誠所長)にて、日本建設業連合会主催のけんせつ小町活躍現場見学会(リンク:日建連けんせつ小町)が開催されました。この見学会は、女子小中学生および保護者の方々にけんせつ小町が活躍している工事現場の見学を通じて、建設業の魅力を体感してもらうイベントです。当日、10組の親子20名が参加されました。

 見学会では、新橋駅作業所に勤務する岩川実郷さんによるクイズを交えた現場説明が行われたあと、2班に分かれて新橋駅の工事現場へ。線路上空に作られた作業構台よりスライド工法によって施工中の大屋根と、高架下ではレンガアーチを耐震補強している現場をそれぞれ見学しました。

kengaku.JPG電車が真上を通過する説明をする岩川さん

現場見学のあとは、「お仕事体験」としてレールの切断と鋼材のボルト締めを体験してもらい、最後にSL広場でてっくんを交えて記念撮影をしました。また質問コーナーでは、「この現場で働いている女性は何名ですか」「どのくらい体力を使いますか」などと子どもたちから様々な質問が飛び出し、現場で働くけんせつ小町や工事についてとても興味を示してくれました。

taiken.JPGレール切断に興味津々の子どもたち

国产综合有码无码中文字幕/首页 国产 亚洲 中文字幕/大尺度美剧/大学情侣宿舍里啪视频