月別アーカイブ

2018年09月アーカイブ

学び舎から結び舎へ(完成前プレイベント開催)

福島県石川郡石川町にて旧石川小学校校舎(学び舎)を減築改修して、図書館?生涯学習?子育て支援スペース?会議室を併設する複合施設(結び舎)へとリニューアルを行っています。

福島石川町役場HPの施設紹介ページはこちら

3.jpg

このたび、来年4月のオープン半年前に、石川町主催で町民の皆さん300人が参加するという大規模なプレイベントが開催されました。(学生企画のアートイベント?当社施工の改修現場見学会?町民企画のふれあい市場)

IMG_1499.JPG

DSCN3394.JPG

ふれあい市場「いしかわ○○(マルマル)マルシェ」です。来年4月のオープン後は、定期的に開催されます。(毎度おなじみ当社マスコット"てっくん")

DSCN4745.JPGなかなか見ることができない施工中の現場見学会です。

IMG_1508.JPG石川町のゆるキャラ「石ころ多」との記念撮影

2.jpg石川町のヒーロー「ペグナイト」とがっちり握手

"てっくん"は見学会があれば、全国どこでも千葉県成田市の基地から出動いたします。

昆布トンネル、ベルコン延長3キロ到達!

8月23日、当社が建設中の北海道新幹線 新函館北斗駅~札幌駅区間の「昆布トンネル」の工事で、連続ベルトコンベアの延長がトンネル入口から3キロ地点まで到達しました!

konbu_201809_01.jpg

▲右側の大きな機械で掘削土を均一に載せる


トンネル全長10,410mのうち、鉄建建設は新函館北斗駅側の坑口から4,800mの区間をNATM工法で建設しています。この工事では、掘削の先端(切羽)から坑口までの掘削土の搬出にベルトコンベアを用いています。このベルトコンベアは、連続した巾61cmのベルトが3キロ続いており、着工からの約3年間で10巻(1巻300m、重量約2.5t)を9回接合しています。

konbu_201809_02.jpg▲連続ベルトコンベアーは写真左側のトンネルの上部


掘削完了地点をめざして、残り1,800mの延伸を行っていきます。

未来のけんせつ小町へ 羽沢で現場見学会

8月22日、横浜市神奈川区の相鉄?JR直通線の新駅である羽沢駅(仮称)の建設現場(所長:佐野誠?田中利明)で「けんせつ小町活躍現場見学会」が行われました。この見学会は、日建連(日本建設業連合会)の呼び掛けで、建設業の女性の担い手を増やすため、女子小中学生と保護者を対象とし毎年実施しています。とても人気のある見学会で、今年も募集は1日で定員に達し、小学生8名、保護者7名の計15名が参加しました。

hazawa0822_05.jpg工事の説明を熱心に聞く子どもたち

見学会の進行は当社で働くけんせつ小町たちが主となり、最初にダイバーシティ推進部の小山美月が司会をしながら、JV羽沢建築作業所で働く檜山祥子さん、宮崎萌さん、山本理紗さん、欧陽笛雲さんが工事の概要などについて説明をしました。

hazawa0822_04.jpg地下2階で建設中のプラットホームや軌道を見学

その後、普段は見ることのできない建設中の駅舎やホームを見学し、続くお仕事体験で1階コンコースの改札付近で、壁のタイル張りに挑戦。緊張しながら丁寧にタイルを張り付けていました。

hazawa0822_01.JPGタイルの張り方を子どもに寄りそって教える

質問コーナーでは小学生から「けんせつ小町になったきっかけはなんですか?」とあり、けんせつ小町たちが「ものづくりが好きで建設業を選びました。人の生活を間近に支えられるすてきな仕事です」「水害で被災したときに、復旧に従事する人に憧れてなりました」など建設業ならではの魅力を伝えました。

hazawa0822_03.JPGJV羽沢建築作業所のけんせつ小町

お仕事体験の後は、当社のマスコットキャラクター「てっくん」が登場し記念撮影。ひと仕事終えた子どもたちの表情は達成感と笑顔にあふれ、けんせつ小町に興味を持っていただけた見学会になりました。

hazawa0822_02.JPGてっくんと笑顔で記念撮影する子どもたち

コトニアガーデン新川崎 JR東日本都市開発さまより表彰

8月27日、当社が設計?施工を行った複合施設「コトニアガーデン新川崎」(東京支店、宮田美岳所長)に対し、発注者であるJR東日本都市開発さまより社長感謝状を頂きました。

kitakase_kansha180827_01.jpgジェイアール東日本都市開発の出口社長(右から4人目)ら出席者

贈呈式は鉄建建設本社にて執り行われました。設計段階からの参画、コストダウン、無事故?無災害での工期内竣工を高く評価していただきました。

kitakase_kansha180827_02.jpg感謝状

式には、当社から林康雄会長、伊藤泰司社長、北加瀬建築作業所の宮田美岳所長ら5名が出席し、ジェイアール東日本都市開発出口社長より感謝のお言葉をいただきました。

kitakase_kansha180827_03.jpg高齢者福祉施設(左)と共同住宅(右)に囲まれた広場空間

「コトニアガーデン新川崎」は、JR東日本都市開発さまが推進する子育て支援と高齢者福祉の多世代交流施設「コトニア(COTONIOR)」を「まちづくり」に発展させたはじめてのプロジェクトで、地域に開放された通り抜け通路や広場が豊かな生活空間を作り出しています。

kitakase_kansha180827_04.jpgまちのエントランス(夜景)

国产综合有码无码中文字幕/首页 国产 亚洲 中文字幕/大尺度美剧/大学情侣宿舍里啪视频