月別アーカイブ

リクルートの記事一覧

1Dayインターンシップ2022を開催しました

8/19日、鉄建建設?建設技術総合センター内の研修センター(千葉県成田市)において、1dayインターンシップ(土木?機電対象)を開催し、9人の学生が参加しました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から採用活動をweb面談で行う企業が多い中、対面で話す、現場で仕事を体験するといった本来のインターンシップの特性を発揮するために、屋外?屋内に研修施設をもつ同センターに応募者を集め、万全な感染防止策を講じて対面でのインターンシップを開催しました。

今回のインターンシップでは、土木系と建築系に分け、1回あたりの募集人員を10人前後に絞り、最寄り駅からの送迎には大型バスを利用、屋内研修では各テーブルにつき1名とし前面にアクリル板を置くなどして屋内の「3つの密」の回避とソーシャルディスタンスの確保を徹底しました。

2008intern2up (1).JPG
プログラム(※1)
?業務体験<1>
 施工管理の仕事とは/躯体工事の施工計画を考える ★屋外研修
?鉄道安全研修 ★屋外研修
 <昼食>
?当社の保有技術紹介
?業務体験<2>
 躯体工事でのQCDSE(※2)を考える/業務に潜む課題と解決策を考える
?会社説明
?就職相談(座談会)「ゼネコンの仕事」
※1 プログラム内容は職種、開催日により異なります。
※2 施工管理の基本要素で、Quality(品質)、Cost(原価)、Delivery(工期)、Safety(安全)、Environment(環境)の略。

屋外研修

2008intern2up (2).JPG

▲ボックスカルバートの鉄筋?型枠?コンクリートを再現したモックアップで「施工管理」を体験


2008intern2up (3).JPG

▲軌道、踏切、ホーム等さまざまな鉄道施設に触れ「鉄道の安全」を学ぶ



30℃を超える真夏日での屋外研修となりましたが、こまめに塩分?水分をとり熱中症にも配慮し、無事に屋外研修を終えました。

同研修センターは、実体験型の鉄道安全研修設備を設置しており、安全と土木?建築技術伝承の場として社内外、国内外を問わず次世代の技術者育成のために活用されています。

参加者からは、「普段触れることのできないさまざまな鉄道施設を間近に見て触れることができて勉強になった」、「インターンシップははじめてで、交通系の企業に興味があり参加したが良い体験ができた」、「他社はオンライン開催が多い中、対面開催ということで参加し会社の特徴がわかってよかった」などの感想が寄せられました。 また、コロナ禍での対面開催に対しては、「コロナの影響下でどのように対策し社会活動しているのかを共有したい思いがあった」、「屋外施設の体験があると聞いたが対策を講じていれば不安はさほどなかった」などの参加を決めた思いが寄せられました。

屋内研修

2008intern2up (4).JPG「施工計画を考える」では、屋外で見学したボックスカルバードを題材に、施工フローの穴埋め問題を解いて施工管理の手順と内容を学びました。次に、QCDSEの各段階に潜む問題点と解決策を考える演習を行いました。現場で「鉄筋の数が合わない」、「工程に間に合わない」、安全教育や朝礼で「指示が正しく伝わらない」など、学生が自ら考えた問題や課題に対して、それらをどのようにして回避するかを考えました。ゼネコンのモノづくりが技術だけではなく、思考と想像、コミュニケーションを通じた施工管理の上に成り立つことを学んでいました。

担当者の声

●土木本部土木企画部 
波多野 茂通 人材育成グループリーダー 
今回は、現場の実地体験ができない代わりに、鉄道施設体験で当社の特性を知ってもらうほか、ゼネコンで働く上で求められる資質として、先々のこと(リスク)を自ら考え対策を用意しておく力(=課題解決能力)の大切さを伝えました。

●管理本部人事部  
高崎 恭彦 人事グループリーダー
コロナの影響の中、参加者の安全を第一に考え、参加人数を制限し他にもさまざまな感染防止対策を講じ開催に踏み切りました。例年通りのインターンシップが開催できず学生も動きづらい状況にありますが、今後も鉄道施設体験などの五感を使ったメニューを用意し、当社の魅力と強みを感じてもらえるインターンシップを開催していきます。


2008intern2up (5).JPG

▲(左)波多野 人材育成グループリーダー
(右)高崎 人事グループリーダー(左から2番目)とインターンシップサポートメンバー

今後のインターンシップの開催情報は、採用ページまたはマイナビでご確認ください。
注)開催場所およびプログラム内容は職種、開催日により異なります。

「1Dayインターンシップ」を開催中(土木?機電)

2022年度採用の「1dayインターンシップ」を開催いたします。例年は、全国に展開する当社施工の現場にて開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、自社保有の研修センターまたは本社ビルにて、それぞれ感染対策を講じてインターンシップをスタートさせることとなりました。
就職を控えた学生の皆さん、社会インフラ整備やまちづくりで社会に貢献するゼネコン「鉄建」の仕事を体験してみませんか?

dobokuintern (1).PNG

募集人員 : 各回10名程度
応募資格 : 土木工学、建築工学、電気工学、機械工学を専攻され、2022年3月卒業?修了予定の方
実習内容 : 当社での仕事の一部を、施設見学や社員との座談会などを通して体感できます
実施日程 : 「土木?機電系」と「建築?建築設備系」に分けて開催します


19101day_02.png DOBOKU(2).png   ※募集人員には限りがあります。最新の募集日程はエントリーページでご確認ください。


交通費  : 交通費は実費支給(上限あり)
応募期限 : 実施日の3日前まで 
申込手順 : STEP1  当社Webサイトよりエントリー
        STEP2  募集締め切り後に、集合場所や時間をご連絡します
        STEP3  インターシップに参加

19101day_00.png

「マイナビ2022」からもエントリーができます

■お問合せ先 : 人事部 インターンシップ担当(高崎?小林)
         TEL 03-3221-2149
         Mail saiyou2022@tekken.co.jp

「1Dayインターンシップ」を開催中(建築?建築設備)

2022年度採用の「1dayインターンシップ」を開催いたします。全国の事業所で、それぞれ新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じて実施いたします。
就職を控えた学生の皆さん、社会インフラ整備やまちづくりで社会に貢献するゼネコン「鉄建」の仕事を体験してみませんか?

kenchikuintern (1).PNG

募集人員 : 各回10名程度
応募資格 : 土木工学、建築工学、電気工学、機械工学を専攻され、2022年3月卒業?修了予定の方
実習内容 : 当社での仕事の一部を、施設見学や社員との座談会などを通して体感できます
実施日程 : 「土木?機電系」と「建築?建築設備系」に分けて開催します


19101day_03.png kenchikuintern(2)0911.png

※募集人員には限りがあります。最新の募集日程はエントリーページでご確認ください。


交通費  : 交通費は実費支給(上限あり)
応募期限 : 実施日の3日前まで 
申込手順 : STEP1  当社Webサイトよりエントリー
        STEP2  募集締め切り後に、集合場所や時間をご連絡します
        STEP3  インターシップに参加

19101day_00.png

「マイナビ2022」からもエントリーができます

■お問合せ先 : 人事部 インターンシップ担当(高崎?小林)
         TEL 03-3221-2149
         Mail saiyou2022@tekken.co.jp

新卒採用 3月のイベント情報

201703saiyou.jpg

学生対象のインターンシップを実施

IMG_9817[1].JPG橋上にて工事の説明を熱心に聞く学生

 当社では、将来の建設業の担い手を育てるため、全国の工事現場でインターンシップを実施しています。まずは"建設のものづくり"に興味を持ってもらうことがねらいです。
 1月25日には、長崎県諫早市のJV栄田高架橋作業所(所長:江島亘彦/九州新幹線西九州ルート高架橋:延長1,537m)で土木系大学生3名を対象に実施しました。

RIMG0577.JPG懇談会の様子

 次回は、2月15日に石川県のJV小松作業所(所長:上野宏史)にて現場見学会を開催します。JV小松作業所では、北陸新幹線金沢以西への延伸工事を行っています。なかなか見ることのできない新幹線工事現場に興味のある学生の方はぜひお問い合わせください。

komatsu.JPG河川内に橋梁基礎を構築(JV小松作業所)

開催日程:2018215日(木)

時  間:13:00~17:00(13:00 北陸本線 小松駅改札口集合)

お問い合わせ先:管理本部 人事部 江田、山内、小林 TEL:03-3221-2149

こちらからもお申込いただけます → インターンシッププレエントリー

北海道新幹線の現場を北大生が見学

kounai.jpgホイルローダー(写真右)の撮影する学生さんたち

 9月26日、当社の施工する北海道新幹線の建設現場昆布トンネル作業所(所長:吉田学)にて、北海道大学工学部土木系コース専攻の2年生と、大学教授ら約70名を招待し、現場見学会を行いました。見学会では、同大学OBの当社菊地土木本部長がトンネル施工技術の特徴や魅力を紹介しました。また発注者である鉄道建設運輸?運輸施設支援機構倶知安建設所の山下所長より北海道新幹線のプロジェクト概要を説明していただきした。話を聞き見学がより興味深くなった様子でした。

 普段は見ることのないツインヘッダー(油圧式切削機)などの大型重機や、ホイルローダー(土砂揚重重機)のバケットの大きさに学生さんからは驚きの声が上がりました。またトンネル坑口上に置かれている化粧木についての質問には、桑田充副所長より「山の神に畏敬の念をもって、『神社の屋根の飾り木』を模しています。」と説明したりなど、いろんな疑問に回答させていただきました。

施工場所Google Map → https://goo.gl/maps/3jCZMvcpwEE2

※化粧木???形は、伊勢神宮御本殿の屋根の飾り木を模倣してあります。化粧木の右(根元部)には天照大神、左(木先部)にはウブヤフキアエズの命(神武天皇の父親)を祭るとされています。長さは、三尺六寸分=1.2mの反りのある、太い松やヒノキを横にして、両端が角のように加工して飾られています。

関連記事:トンネル工事で安全祈願祭(神事の『化粧木』をご紹介)

zentai.JPG菊地本部長より挨拶

kougai.JPG坑外にて、トンネル構築に使う仮設備を見学

DSC_0207.JPGツインヘッダー(油圧式切削機)

当社社員が東京都市大学で講義を行いました

toshodaigaku_02.JPG

東京都市大学では毎年夏季に、さまざまな分野で活躍される大学OBによる講義を行われています。

今年は当社の社員が、「施工会社における生産計画の役割」というテーマで講師を務めさせていただきました。

はじめに、建設業とはどういった業界なのか、ゼネコンの仕事や役割はどういうものなのかというような話しからはじまり、講師が携わってきた鉄道工事や現在所属している部署の仕事などをご説明をさせていただきました。

toshodaigaku_01.JPG

大学OBの当社社員 北野 一彦(1979年卒業)

講義の後半では、昼間電車が走行している線路上空に、夜間に建物構造物をスライドさせて、駅ビルを作り上げる当社特許技術である「ソード工法」についての動画を見てもらいました。

toshodaigaku_03.jpg

動画で紹介させていただいた当社保有技術「ソード工法」

役員と社員の「意見交換会」が111現場に到達

ikenkoukankai01.JPG

現場意見交換会のようす

当社が取り組んでいる「現場意見交換会」についてご紹介します。

現場意見交換会は、当社常務以上の役員が手分けして全国の建設現場を周り、そこで働く当社の社員とさまざまな意見を述べ合う取り組みです。

年に4回、10ヶ所以上の現場で開かれ、これまで111現場、約900名の社員が参加してきました。

会では、ベテランの所長から新入社員まで、多くの社員が会に参加し役員と自由に意見を述べ合ってきました。

業務の悩みや、給与?福利厚生、人材育成から資格取得の話題など出る意見はさまざまですが、出席役員はその意見を本社へ持ち帰り、整理を行います。

後日開催する「意見交換報告会」でそれらを全て検討し、回答や改善策を返します。


ikenkoukankai02.JPG

経営層による意見交換報告会

意見交換会の成果として給与や手当の見直し、資格取得支援、寮の更新などの改善が行われてきました。

今後も、当社ではこの意見交換会を通じ、風通しの良いコミュニケーションづくりをめざしていきます。

当社の免震技術を見学(東京理科大学高橋研究室)

7月13日(月)、東京理科大学工学部の高橋研究室のみなさんが当社の免震設備を見学しました。

A7.JPG

当社の建物は昭和54年(1979年)に建てられましたが、平成11年(1999年)に大地震に耐える建物に生まれ変わっています (免震レトロフィット解説)。

はじめに、当社構造技術者(高橋教授と同じ研究室OB)よりスライドで技術的な説明を受け、いよいよ地下へ。

建物全体が揺れることを想定した様々な構造を見てまわります。

A6.JPG

写真は揺れを減衰させる巨大なオイルダンパー。A4.JPG

 学生のみなさんの真剣な眼差しに、当社の構造担当者もはりきって説明していました。

高橋研究室のみなさん、暑い中お疲れ様でした。

[広報部 楠部 雄一]

 

岡山工業高校建築科による現場見学会が開催されました

 平成261024()、当社が施工を担当する岡山運輸支局その他建築工事(施工場所:岡山市北区冨吉53015)において、国土交通省岡山営繕事務所主催の現場見学会が開催されました。

 当日は良い天気に恵まれ、岡山工業高校建築科の43(教員3名、生徒40名)が参加しました。

  今回見学した現場は、「庁舎(鉄筋コンクリート造2階建)」?「検査場(鉄骨造地上1階地下1階)」の2棟を建築する工事です。

 

 

 

 

見学会のはじめに、主催者(国土交通省)より工事の発注経緯等を説明の後、当社の現場所長より工事概要を説明させていただきました。

 

image3(岡山).jpg

 

 

 

 

 

ここで当工事について紹介をさせていただきます。

 

 

工期が1年未満と短い当工事では、技術提案で、鉄骨建方の施工管理に「三次元計測システム」を導入しています。 

image1(岡山).jpg

「三次元計測システム」を利用することにより、複数の柱を同時に計測することが可能となり、工事期間の短縮?コスト削減を図っています。

 

 

 

 

 

 

また、不測の事態(組立後の重さによる変形など)にも対応できるよう、大梁建方時に上げ越し(少し高めに施工)を行っています。

          

image2(岡山).jpeg 

 

 

学生の皆さんに、三次元計測システムの説明をした時には、「ほぅ???」という感嘆の声も聞こえました。それ以外にも、いろいろな質問がありました。

image4(岡山).jpeg 

 

 

 

いよいよ現場内に出発です。(ヘルメットの装着に四苦八苦の皆さん????)

 

image5(岡山).jpeg 

 

 

二手に分かれて「庁舎棟」、「検査場棟」の見学をしました。      

普段は中々見ることができない工事中の建物を前に、学生の皆さんは興味津々

 

image6(岡山).jpg 

 

 

当社社員の説明にも力が入ります。(完成までの流れはなんとなく分かったでしょうか?)

image6.jpeg

 

 

    

     広い場内を見学したあとは、参加者全員で記念撮影!

image7(岡山).jpg

    「また見学会に参加したい」といった声もあり大変好評でした。

 

 

国产综合有码无码中文字幕/首页 国产 亚洲 中文字幕/大尺度美剧/大学情侣宿舍里啪视频